2016年02月12日

赤ひげ大賞を受賞しました!(BSフジ放映のご案内)

第4回赤ひげ大賞(主催・日本医師会、産経新聞社、特別協賛・ジャパンワクチン)を受賞いたしましたのでご報告いたします。

 この賞は、地域で医療活動に取り組む医師を表彰するものです。受賞者は5名で、山中修先生(神奈川)、土川権三郎先生(岐阜)、高見徹先生(鳥取)、緒方健一先生(熊本)と私でした。山中先生は日雇い労働者の健康管理を、土川先生と高見先生は地域に密着したかかりつけ医を、そして、緒方先生と私は、重度障害児の在宅医療支援などを評価されたとのことでした。私は栃木県医師会から推薦を受けて、今回の受賞となりました。私には過分の賞ですが、これまでお世話になったご利用者の皆さん、関係者の皆さん、そしてスタッフを代表していただくことにしました。特に嬉しかったのは、熊本で小児の在宅医療やお預かりをされている緒方先生とご一緒できたことです。

 2016年1月29日、東京の帝国ホテルで授賞式が行われました。授賞式には安倍晋三首相も駆けつけて下さいました。日本医師会の横倉義武会長と産経新聞社の熊坂隆光社長から賞状と盾をいただき、5分ほどのスピーチもさせていただきました。また、栃木県医師会から、太田照男会長と小沼一郎常任理事もいらしてくださいました。


安倍首相も激励に来てくださいました.JPG
安倍首相も激励に来てくださいました


左から産経新聞社の熊坂隆光社長、高橋、日本医師会の横倉義武会長.JPG
左から産経新聞社の熊坂隆光社長、高橋、日本医師会の横倉義武会長


左から高橋、山中修先生、土川権三郎先生、高見徹先生、緒方健一先生.JPG
受賞者:左から高橋、山中修先生、土川権三郎先生、高見徹先生、緒方健一先生


 折しも、2016年4月からは、ひばりクリニックとうりずんは宇都宮市徳次郎町に移り、新拠点での診療と活動が始まります。たくさんの方からお祝いのメッセージや電報、お花などをいただきました。この場をお借りして深謝申し上げます。

 今後も地域医療、在宅医療、市民活動に精進することをお誓い申し上げてご報告とさせていただきます。今後ともよろしくお願い申し上げます。


*テレビ放映のご案内
 2016年2月21日 日曜日 13時から約50分
 BSフジで、5人の受賞者の日ごろの活動と表彰式の模様を紹介した番組
 「密着! かかりつけ医たちの奮闘〜第4回赤ひげ大賞受賞者〜」
 が放映されます。



<産経新聞のホームページより>
第4回赤ひげ大賞受賞者紹介文
活動地域が北からの順になっています。

==============================================

■栃木県 高橋 昭彦(たかはし あきひこ)医師(55歳)
〜重度の障がいを持つ小児の在宅医療に尽力

ひばりクリニック院長  0歳から100歳までの患者を対象として幅広く地域の医療を担う傍ら、在宅療養支援診療所として設立したNPO法人「うりずん」の理事長として小児の在宅医療に尽力。医療的ケアが必要な子どもの家族が24時間過酷な介護を強いられる中、人工呼吸器をつけた子どもを預かる重症障害児者レスパイトケア施設を開設。子どもにとって楽しい場所であるとともに、親たちが安心して預けることができる場所をつくることで家族の暮らしを支援している。

==============================================

■神奈川県 山中 修(やまなか おさむ)医師(61歳)
〜身寄りのない人に寄り添い生活面でも支援

ポーラのクリニック院長  日本三大日雇い労働者の街、横浜市中区・寿地区の住民の「医衣食職住」環境を改善すべく医療施設を開設。「家族がいない人のための町医者」になることを診療の理念として、身寄りのない高齢者や疾病を抱える地域住民の人生の質の向上を目指している。また、地域のチームリーダーとして自身で立ち上げたNPO法人「さなぎ達」と協力し、路上生活者の夜間パトロールとともに健康状態の把握、食事の提供等にも従事している。

==============================================

■岐阜県 土川 権三郎(つちかわ けんざぶろう)医師(64歳)
〜在宅で過ごす患者にきめ細やかなケアサービスを実践

 丹生川診療所所長  「患者さんの希望に応え、希望を叶えてあげたい」という思いから地域医療・在宅医療に取り組む。赤ちゃんから高齢者まで症状も多岐にわたる患者さんを診察。在宅で暮らしたいと願う全ての人の希望を実現するため、対象者一人ひとりに焦点を当てたケア・カンファレンスを週1回行う等の努力の結果、在宅で看取りをする人が町内の全死亡者の33%となった。アルコール依存症の問題にも携わり、地域医師の連携に努めている。

==============================================

■鳥取県 高見 徹(たかみ とおる)医師(66歳)
〜まちの道路を病院の廊下に見立て往診に奔走

 日南町国民健康保険
日南病院名誉院長  「まちは大きなホスピタル」「まちの道路は病院の廊下」をモットーに積極的にまちに出て、毎日の往診では100km走ることも珍しくない。高齢化率47.2%でも、在院日数は全国平均を大きく下回るなど、高齢になっても家族や地域で見守りを続け、自宅に住み続ける高齢者が多いまちづくりに貢献している。また、日南病院のモデルが今後の都市部での地域医療に必ず役立つと考え、新しい地域包括ケアシステムの構築にも奮闘している。

==============================================

■熊本県 緒方 健一(おがた けんいち)医師(60歳)
〜小児在宅医療の充実を図り重症の子どもと家族を支援

おがた小児科・内科
医院理事長  開院当初から一般診療を行う傍ら、当時は一般的ではなかった小児在宅医療支援を自ら開始・発展させた。超重症児とその家族及び小児在宅医療に関わる全ての人が安心して在宅医療に取り組めるようネットワーク作りにも尽力。また医療型短期入所施設「かぼちゃんクラブ」を併設し、家族の負担の軽減にも努めている。全国的に評価の高い開業小児科医が出務する小児救急医療「熊本方式」においても、中心的な役割を担っている。
posted by 管理人 at 09:11 | Comment(1) | お知らせ

2015年09月02日

月刊福祉の記事ご紹介

皆様、急に涼しくなってきましたが、おかわりありませんか。
なかなかアップができず申し訳ありません。

全国社会福祉協議会の機関紙である月刊福祉の8月号にインタビュー記事を
載せていただきました。
インタビュアーは社会福祉法人六親会常務理事の湯川智美さんです

◎ 私が医師をめざしたきっかけ
◎ 開業を後押ししたアメリカ同時多発テロ事件
◎ うりずんの取り組み
◎ 福祉関係者へのメッセージ

について、わかりやすく書いていただいています。どうぞご覧ください。

posted by 管理人 at 09:26 | Comment(0) | お知らせ

2014年04月23日

うりずんの季節となりました

春の風景(宇都宮市新里町).jpg

うりずんは、梅雨入り前の沖縄の若夏の季節。
風がやふぁやふぁとやさしくそよぎ、緑や花がきれいです。
うりずんの天井の青空は、いつも寝ているお子さんが多いので白い天井より、青空を見ていてもらいたいと思いました。

人気の散歩コースはろまんちっく村。近くにある農林公園です。お連れするにはマンツーマンの人手がかかりますが、気持ちがよい
ので、暑すぎず寒すぎずのほどほどの陽気のときには、みんなで出かけます。うりずんに来るのが大好きと言ってもらえるととても嬉しいです。来てくださっているお子さんにも、大切な我が子を預けてくださっているご両親にも感謝です。


続きを読む
posted by 管理人 at 23:32 | Comment(0) | お知らせ

読売新聞に掲載されました!

皆さま、こんにちは。
いつもお世話になっております。
この度、読売新聞朝刊にうりずんのことを紹介していただきました。わーい(嬉しい顔)


重い障害児を日中預かる事業を続ける
高橋 昭彦(たかはし あきひこ)さん (53)

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=96970



宇都宮の北西、里山に囲まれたログハウス風の診療所。
一番奥の部屋に重度の障害児を日中預かる「うりずん」がある。
うりずんは、さわやかな初夏を表す沖縄の言葉。
子どもたちが日中の大部分を眺めて過ごす天井には、そんな季節の青い空、白い雲が一面に描かれている。

晴れた日には人工呼吸器をつけたまま、外で本物の風に吹かれることもできる。1対1で介護する職員の優しい手に囲まれているからだ。
「子ども自身が『来たい!』と思える施設にしたかった」と目を細める。

自治医大卒業後、へき地の診療経験から在宅医療を志した。
そこで出会ったのが、人工呼吸器をつけた重症児。昼夜問わずたんの吸引が必要で母親は疲弊しきっていた。
方々で一時預かりの重要性を訴えたが、ある時ふと思った。

「自分がやろう」

事業を始めて7年。地道な活動が評価され、先月、社会に貢献した人に
贈られるヘルシー・ソサエティ賞を受賞した。

認定NPO法人も取得。事業収入と寄付金などで運営できるよう目指す。
「民間診療所でも続けられる。
そんな姿を示すことで他の地域にも広がってくれれば」
(医療部 館林牧子)



************************


皆さま、読んでいただきありがとうございます。
取材にみえた館林さんにはいろんなお話を聴いていただきました。
在宅医療を始めたときのこと、勤務医ではできなかったこと、開業するきっかけとなったこと、ひばりクリニックの開業、そしてうりずんの取り組み。限られた紙面と写真で、しっかりとお伝えいただいたことに感謝いたします
posted by 管理人 at 23:24 | Comment(0) | お知らせ

2013年10月30日

ドキュメンタリー映画 1/4の奇跡 〜本当だから〜

皆さんこんにちは、栃木県の県北で開催される映画のお知らせです。わーい(嬉しい顔)

会場 那須野が原ハーモニーホール
日時 2013年11月16日土曜日 14:00〜

パンフレットPDF:『ドキュメンタリー映画 1/4の奇跡 〜本当だから〜』

特別支援学校教師の山本加津子さん。加津子さんの語る学校の子どもたちとのお話は命の尊さに触れ、大きな感動を呼んでいます。
主催は1/4の奇跡上映会プロジェクトチーム(なすの園の保護者が中心の団体)です。知人の訪問看護師さんから教えていただきました。
私は別の会議があり出ることはできませんが、ぜひお出かけ下さい。車(RV)
posted by 管理人 at 09:04 | Comment(2) | お知らせ

2013年09月08日

第39回 日本重症心身障害学会学術集会 公開シンポジウムのお知らせ

皆さま、いつもお世話になっております。わーい(嬉しい顔)
このたび、第39回日本重症心身障害学会学術集会が、平成25年9月26日(木)、
27日(金)に栃木県総合文化センターで開催されます。
会長は、下泉秀夫先生(国際医療福祉リハビリテーションセンターなす療育園)です。

学会に際して、公開ファッションショー、公開シンポジウムがありますのでお知らせいたします。
参加は無料で、事前申し込みも不要です。どなたでも参加できます。

公開シンポジウムは、

◎ テーマ
地域生活重症心身障害児者本人、家族、きょうだいへの支援


日時:平成25年9月27日(金)15時00分〜17時15分
場所:栃木県総合文化センター 大ホール(栃木県宇都宮市)



座長:小沢 浩(東京都八王子市・島田療育センターはちおうじ神経小児科 医師)  

◇高橋 昭彦(宇都宮市・ひばりクリニック 特定非営利活動法人うりずん  医師)
医療的ケアが必要な子どもの日中レスパイトケア
  
◇鈴木亜矢子(那須町・訪問看護ステーションりんりん  看護師)
家族で大切な時間を過ごすために
  
◇関根まき子(東京都町田市・社会福祉法人 ボワ・すみれ福祉会花の郷 看護師)
通所施設に何を求めますか?−花の郷で大切にしていること−
  
◇稲森絵美子(東京医科大学病院 ・元自治医科大学小児科 臨床心理士)
重症心身障害をもつ子どもと家族とのコミュニケーション

【詳しくはこちらをご覧ください】
多くの皆さまのご参加を希望いたします。お待ちしております。ぴかぴか(新しい)
posted by 管理人 at 10:55 | Comment(0) | お知らせ

2013年07月29日

岐阜県重症心身障がい児者等支援者従事者研修事業のお知らせ

高橋昭彦@ひばりクリニック/NPO法人うりずんです。わーい(嬉しい顔)
いつも大変お世話になっております。

8月に、岐阜市で「岐阜県重症心身障がい児者等支援従事者研修
があり、行ってまいります。

日時 8月25日(日)13:00(受付開始)
           13:30(開始)〜16:00


テーマは

重症心身障がい児者の日中レスパイトケア
うりずんの取り組みから見えてきたもの


対象となる人たちは、医療的ケアが必要な重症心身障がい児者の支援を行っている、または今後行う予定のある支援機関の医師、看護師、理学療法士、作業療法士、保育士、教員、生活支援員等(本人、保護者等)となっています。

申し込みなど詳しいことはチラシをご覧ください。

実家のある滋賀県のお隣の県ということもあり楽しみにしています。
お近くの方でご都合がつく方はいらしていただけると幸いです。
晴れ暑くお忙しい中ではありますが、ご案内させていただきます。
posted by 管理人 at 12:13 | Comment(0) | お知らせ

2013年04月19日

障がい福祉の先進事例を学ぶ連続講座のお知らせ

皆さん、いつもお世話になっております。
今日は連続講座のお知らせです。


さいたま市にあるNPO法人埼玉よりどころねっと、ねがいのいえ主催の連続講座に出させていただきます。ねがいのいえさんは、地域で障がい児に必要なしくみをつくろうと活動をされています。

私は、2013年5月11日土曜日18:30から、そして、小児の訪問看護で24時間のケアを実践されている梶原厚子さんの<お話>が6月1日土曜日18:30からです。

私は、小児の在宅医療とレスパイトケアのお話をさせていただきます。医療的ケアだけが課題ではなく、いのちの限られたお子さんたちの生きにくさ、暮らしにくさに対して、地域でどう考え、取り組んでいくのか、会場の皆さんと考えられるようにできればと思っています。
梶原さんのお話もいつ伺っても大切な気づきがあり、おすすめです。

場所は【与野本町コミュニティーセンター】

申し込みは 申込書(PDF)でねがいのいえさんにファクシミリしてください。


ねがいのいえの藤本さんのお話ですと、医療的ケアの話になると、参加者が減るかも?ということですが、関心をもつ方は増えてきていると実感しています。どうぞ関心のあるから、いらしてください。
参加費各1000円で、どなたでも参加できます。


追伸

なかなか更新できず申し訳ありませんが
先日、ある障害者相談支援の方がみえて、チェックしてますよ〜というお話をいただき、目の前の仕事に追われることなく、情報発信も必要であると想いを新たにいたしました。
 ではでは!(^^)!
posted by 管理人 at 16:40 | Comment(0) | お知らせ

2013年03月01日

映画上映会「普通に生きる〜自立をめざして〜」のお知らせ!

皆さま、陽射しに春を感じる季節です。わーい(嬉しい顔)

いつも大変お世話になっております。
今日はひばりクリニック初の映画の上映会のお知らせですぴかぴか(新しい)


ikiru_01.jpg

タイトル:「普通に生きる〜自立をめざして〜」
日時:平成25年3月20日(水・祝)春分の日 14:00開演
   (上映時間90分、その後貞末プロデューサーのお話あり)
場所:宇都宮美術館 講義室 宇都宮市長岡町1077
定員:150名
主催:ひばりクリニック 協力:NPO法人うりずん




この映画は、マザーバードさん製作の、ドキュメンタリー映画です。
どんな重い障がいがあっても、地域の中で普通に暮らしていくことそのような社会を目指すために、 静岡県富士市で子どもの家族たちが立ち上がり、ゼロから作り上げた通所施設があります。その過程を5年間にわたり追った映画です。


今回、平成24年度地域医療に係る県民共同事業補助金をいただき、上映会を開催することになりました。当日はプロデューサーの貞末麻哉子さんのお話もあります。

1月下旬にご案内をさせていただきましたところ、すでに100名を超える皆様よりご応募をいただきました。この映画に皆さまが関心を寄せていただいていること、そしてこの上映会を開催できることを嬉しく思います。かわいい


まだ、少しお席に余裕があります。
関心のある人が増えることは力になります。
ご興味のある方はぜひ、足をお運びください。

詳細はひばりクリニックHPをご覧ください。
http://hibari-clinic.com/toiawase/event/index.html
posted by 管理人 at 07:59 | Comment(0) | お知らせ

2012年11月15日

「重い障がいをもつ子どもの自立」 うりずん学習会のお知らせ

皆さま


高橋昭彦@ひばりクリニック/NPO法人うりずんです。
いつも大変お世話になっております。

このたび、うりずんでは、2012年12月2日(日)に、学習会を開きます。9月30日の学習会「外出は社会参加!」に続き、独立行政法人福祉医療機構(WAM)の助成金による事業です。


今回のテーマは、「重い障がいをもつ子どもの自立」です。

皆さんにぜひいらしていただきたいと思い、年末のお忙しい中ではありますが、ご案内させていただきます。

詳細を読む
posted by 管理人 at 14:35 | Comment(2) | お知らせ

2010年08月12日

第一回日本小児在宅医療・緩和ケア研究会のお知らせ

高橋昭彦@ひばりクリニックです。わーい(嬉しい顔)

わが国では、小児の在宅医療や緩和ケアは、熱意のある人たちが
個別に取り組んできたのが実情でした。

しかし最近、小児のこの分野に関心のある人が増え、
小児の在宅医療、訪問看護、緩和ケアなどの動きが増えてきました。

そこで、このたび、小児在宅医療・緩和ケア研究会(細谷亮太代表)の主催により、第一回の研究会を開催することとなりました。多くの方にご参加いただきたいと思いお知らせいたします。手(パー)

***************************************

 第一回日本小児在宅医療・緩和ケア研究会

 場所 聖路加看護大学講堂
 日時 2010年8月29日(日) 11:00−17:30


 テーマ
  地域における小児緩和ケア
  −小児の在宅医療と緩和ケアをつなぐ

****************************************



メモプログラム(予定)

11:00 基調講演 聖路加国際病院 細谷亮太氏

11:20 特別講演 地域における小児緩和ケア(仮題)DVDにて
 アルバータ州立大学 Dr Davies氏
 <座長>あおぞら診療所 前田浩利氏

12:20 講演 英国の子どものホスピスの建築学的研究と
  わが国における可能性(仮題)
  首都大学東京都市環境学部 竹宮健司氏

12:40−13:40 昼休憩(昼食は外で各自) 

13:40 シンポジウム1 我が国の小児在宅医療の現状と課題
 大阪府立母子保健総合医療センター
  新生児科・在宅支援室 望月成隆氏
 おがた小児科内科医院 緒方健一氏
 ひばりクリニック 高橋昭彦氏
 訪問看護ステーションほのか 梶原厚子氏
 <座長>
 名古屋大学医学部保健学科 奈良間美保氏
 群馬大学教育学部障害児教育学講座 吉野浩之氏

15:20−15:35 休憩

15:35 教育講演 緩和ケアとは
 昭和大学医学部医学教育推進室 高宮有介氏

16:20  シンポジウム2 我が国の小児緩和ケアの広がり
 大阪市立総合医療センター緩和医療科 多田羅竜平氏
 聖隷三方原病院臨床検査科 天野功二氏
 昭和大学医学部医学教育推進室 高宮有介氏
 <座長>聖路加国際病院小児科 小澤美和氏

17:20 まとめと終了の挨拶 細谷亮太氏

17:30 終了(予定)


主催 日本小児在宅医療・緩和ケア研究会

参加費 1000円 当日受付

(講堂は400名収容です。特に申し込みの必要はありませんが、
先着順となりますことをご了承ください。)

*****************************
<運営事務局>
 あおぞら診療所新松戸(担当/小澤・小山・稲葉)
 千葉県松戸市新松戸3−15 KS12ビル2階B号
 電話 047-309-7200  FAX 047-309-7211
posted by 管理人 at 10:36 | Comment(2) | お知らせ