2009年02月02日

三線のお稽古0902

 今日は月に1度の三線の稽古の日カラオケ

 師匠と4人の生徒でみっちり2時間。後半には、前で1人ずつ演奏をしましたが、マイクを前にすると結構緊張しますね〜。
 今年はエイサーが踊れるような速いテンポの曲に挑戦しようという師匠の言葉に。がく〜(落胆した顔)うーんできるかな〜でも、できるといいなひらめきと思った。

 師匠はそれはそれはうまいのだ。私と言えばあまり熱心に練習をしているとは言えず、稽古の前に少しやるくらいであとは三線に触らない日のほうが多いのだから。子どもの頃にピアノを習っていたが、練習の日の朝に少し練習するのみで全然上達しなかったので、6年間でバイエル黄色と赤色しか終わらなかったモバQ。でも音楽自体は好きで三線も好きである。
 いつの日か、ろまんちっく村の芝生で夏の日差し晴れを浴びながら、三線を弾けるようになりたいなあ、と思うわーい(嬉しい顔)
posted by 管理人 at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味

2008年05月19日

三線の響き

 今日は月に一度の、三線(沖縄三味線)の稽古があった。この稽古の日があるから、さぼりがちな私でも三線の練習意欲がわく。
 練習の部屋では、見知らぬ男性が三線を手にしていた。なんと師匠のお父様が沖縄からみえていたるんるん
 今日は師匠と師匠のお父様に三線を教わるという豪華な日となった。師匠のお父様は、基本が大切であることを強調されていた。どこで歌が始まりどこで終わるか、弦を押さえていないときは左の手指を伸ばすこと、曲を弾くとつい早くなってしまうが、早くならないことなどなど。
 楽譜に忠実に、音とリズムをしっかりと弾く。この基本を教わったように思います。
 三線は1人で弾いてもいいのだが、うまい人が2人で弾くともっといい。今日は沖縄気分を満喫したできたるんるん
posted by 管理人 at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味